禁酒のメリット

酒は百薬の長とも言われますが本来体に良いものではありません。禁酒するとどんな効果が得られるのか改めて紹介していきたいと思います 。

ダイエット効果がある

禁酒するとダイエットすることができます。アルコールも実はカロリーが高いのです。中ジョッキ1杯200キロカロリーあり、これはお茶碗ご飯いっぱい分になります。さらにお酒を飲むことで食欲が増してしまうので、食事を多くとってしまいます。それに加えてお酒を飲むことで、脂肪が蓄積されやすくなります。禁酒をすれば少量の 食事で満足できるようになります。ただお酒をやめると代わりに甘いものを食べたくなる人もいます。お前ものをたくさん食べてはダイエットどころではなくなるので注意してくださいね。

眠りが深くなり疲れが取りやすくなる

禁酒をすることで夜ぐっすり眠ることができるようになります。これはなぜかと言うと、禁酒することによって睡眠の質が向上するからです。飲酒をした後に眠ると、眠りが浅く なってしまいます。この状態では疲れが取れないので仕事にも集中できないですよね。

筋肉がつきやすくなる

お酒を飲むことで、体内で筋肉の分解を防ぐ働きをがあるアミノ酸やタンパク質が消費されます。さらには筋肉を分解して脂肪を蓄積させるホルモンが分泌されます。ですからお酒を止めることで筋肉がつきやすくなります。

むくみが改善する

お酒をやめることで体のむくみが改善し顔やスタイルがすっきりします。体がむくんでしまう原因は過剰な水分摂取やアルコールにより静脈を拡張してしまい、水分がうまく処理されなくなってしまうからです。むくみが気になる方はマッサージをするよりも禁酒してしまう方が効果があるかもしれません。

下痢をしなくなる

お酒を飲む方は下痢をしやすい方が多いです。アルコールによって消化吸収が悪くなってしまうためです。消化吸収がうまくされないことで飲食物が消化されずに下痢になってしまうと言うわけです 。がんや糖尿病のリスクが下がるお酒が原因で肝臓がんになるのは有名ですよね。他にも大腸がんや糖尿病などいろいろな病気に関係すると言われています。禁酒をすることで毎日の生活をより健康に快適に過ごせるようになるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

禁酒と瞑想

次の記事

禁酒のシステム化